本文へスキップ

新しい視点で内燃機関関連業界に貢献する日本内燃機関連合会

トップページ標準化関係>標準化関係の概要

日内連における標準化事業の概要ACTIVITIES OF ISO & JIS

日内連における標準化事業と事業形態

日内連における標準化事業[ISO(国際標準化機構)関係及び国内標準化関係事業]に対する組織は、担当の常設委員会として”内燃機関標準化委員会(JICESC/Japan Internal Combustion Engine Standard Committee for ISO)"を設置しており、その下にISO規格審議のための委員会(常設、年度ごとに委員見直し)及びJIS原案作成のための委員会(必要に応じ単年度設置)を置いています。

なお、ISO関係の国際規格回答原案調査作成事業は、経済産業省産業技術環境局からの委託により実施しています。また、国内標準化事業、すなわちJIS原案作成事業は、経済産業省産業技術環境局の国内企画の国際整合化推進方針に基づき(一財)日本規格協会の工業標準化法第12条に基づく、”JIS原案公募によるJISの制定・改正原案の作成”の適用を受けて実施しています。

 ISO/TC70(往復動内燃機関専門委員会)

ISO/TC70に対応する国内委員会は、ISO/TC70国内審議委員会であり、その下に、分科会としてISO/TC70/SC7(潤滑油ろ過機試験)及びISO/TC70/SC8(排気排出物測定)を設置し、委員会及び分科会に必要時に応じ、作業グループ(WG)を設けて活動しています。


 ISO/TC192(ガスタービン専門委員会)

ISO/TC192国内審議委員会及びその作業グループ(WG)により活動を行っています。


 お知らせ 

日内連での標準化活動の概要(2019/2020年度版)をアップしました。

バナースペース

日本内燃機関連合会

〒105-0004
東京都港区新橋1-17-1 内田ビル7階

TEL 03-6457-9789
FAX 03-6457-9787